認知症患者の家族のサポートにも|gps発信機を利用して安全を確保

レディ
  1. ホーム
  2. 暮らしの大革命

暮らしの大革命

GPS

GPS、すなわち全地球測位網の進化がとまりません。GPSとは、人工衛星を利用して、自分が地球上のどこにいるのかを割り出すシステムで、その正確さは誤差が10m程度とされています。10m程度なら、目視でも確認できますし、ちょっと歩いて確認ということもできるので、ほぼ正確だということがいえるでしょう。だからこそGPSは信頼度が高く、位置情報の確認や追跡確認のために、いろいろな使い方がされるようになっています。車についているカーナビゲーションシステムや、携帯電話にもGPS機能がついているものは多いです。

人々の暮らしの中に、いまではGPSは深くかかわりを見せているので、GPSのことを知らない、という人はほとんどいないということがいえるでしょう。行方不明者の捜索などにも、いまではその人が所持していた携帯電話のGPS機能が使われていて、犯罪捜査の上でも大きな効果をあげています。また、連れ去り事件なんかでは、GPSを追跡することで犯行の足取りまでもが判明してしまうというのは、いまではニュースの中でも日々取り上げられ、議論はあるものの一般的な捜査の手法としても広く認知されています。カーナビのGPS機能で、自分の位置情報を割り出し、目的地まで正確に効率よくたどり着けられるようになってから、事前にルートを調べたり地図帳をひっくり返して調べたりせずにすみ、人々の生活は大きく変わったことでしょう。最近は、携帯電話にも、ナビゲーションシステムがあるので、迷わずにいけるようになりました。まさに、GPSは暮らしの大革命です。ほんの数十年前までは、全く考えられなかったことが現在のテクノロジーの進歩で現実に起こっているのです。