認知症患者の家族のサポートにも|gps発信機を利用して安全を確保

レディ
  1. ホーム
  2. 様々な形の盗聴発見器

様々な形の盗聴発見器

虫眼鏡を持つ人

機能と機械の知識で選ぶ

現在盗聴発見器は、手軽なものから専門性の高いものまで多くの種類が販売されています。そのため価格帯も広く、一概に平均価格を決めるのは難しいでしょう。相場を決めるためには価格帯を区分けし、機能との兼ね合いで考えます。もちろん価格が上がるほど性能も上がりますが、その分専門性が高くなるため注意も必要です。まずスキャンすることで電波を感知するタイプの小型盗聴発見器ですが、こちらは相場1万円以下で手に入ります。電波の検知度合いはそれほど高くありませんが、初心者でも扱いやすいです。1万円から5万円の範囲ですと、レシーバーを利用した盗聴発見器が一般的です。感度は高くなりますが、盗聴器以外の電波を拾ってしまったりと、少し扱いづらくはなるようです。

より小型に使いやすく

盗聴器が仕掛けられていることが疑わしい時、以前でしたら専門の業者に依頼するのが一般的でした。しかし進化した盗聴発見器のおかげで、素人でも盗聴器を探すことが可能となりました。特徴的なのは、その大きさです。盗聴器が自宅だけでなく、会社などに仕掛けられている可能性がある場合、盗聴発見器を持ち運びできるのは大きな利点です。キーホルダーのような見た目で、一見したところ盗聴発見器とは分からないような機械も登場しています。また扱い方も初心者に分かりやすいよう、特に操作を行う必要の無いものも多いです。感度も上昇しているため、盗聴器以外の電波を拾ってしまうことも少なくなりました。市販の盗聴器であれば、これらの盗聴発見器でも充分発見することが可能です。